• Vシネ・映画
  • ドラマ/バラエティ
  • パチンコ・パチスロ/麻雀
  • プロレス/その他
  • グラビア・イメージ
  • セクシーナイト
  • 視聴方法
  • メニュー
  • ホーム
  • 株式会社ヒューマックスコミュニケーションズ 放送番組編集基準
アイコン

株式会社ヒューマックスコミュニケーションズ
放送番組編集基準

  1. 株式会社ヒューマックスコミュニケーションズは、放送の使命を認識し、公共の福祉、文化の向上産業と経済の繁栄に役立ち、平和な社会の実現に寄与する事を使命とする。また、高度情報化社会の実現に寄与するため、言語及び表現の自由を守り、ならびに民主主義の精神に従い、基本的人権と世論を尊び、法と秩序を尊重して、社会の信頼にこたえる放送を行う。
  2. 当社は放送番組を次の基準によって編集する。

    (1)人権・人格・名誉

    1. 人命を軽視するような取扱はしない。
    2. 個人や団体の名誉を傷つけたり、信用を損なったりするような放送はしない。
    3. プライバシー・個人情報保護関連の判例及びその法理を尊重する取扱を行う。

    (2) 宗教

    宗教に関する放送は、信仰の自由を尊重し公正に取り扱う。

    (3) 政治

    政治上の諸問題は、出来るだけ多くの視点から論点を明らかにし、公正に取り扱う。

    (4) 家庭と社会

    1. 家庭生活を尊重し、これを破壊するような思想を肯定的に取り扱わない。
    2. 暴力行為は、どのような場合にも是認しない。

    (5) 犯罪

    犯罪については、法律を尊重し、犯人を魅力的に表現したり、犯罪行為を是認したりするような取扱はしない。

    (6) 性表現

    性に関する事柄は、視聴者に困惑・嫌悪の感じを抱かせないようにする。

    (7) 表現

    1. 下品な言葉遣いは出来るだけ避け、また、卑猥な言動や動作による表現はしない。
    2. 人心に恐怖や不安又は不快の念を起こさせるような表現はしない。

    (8) 広告

    広告はわかりやすく適切な表現を用い、視聴者に錯覚を起こさせるような表現をしない。

放送番組編集基準の公表の方法

放送番組編集基準を変更した場合には、放送法第5条第2項の規定に基づき、次の方法により速やかに公表する。

  1. 当社が行う放送。
  2. 当社社内に「放送番組の編集基準」の記述文書を常備し、閲覧希望者にいつでも対応可能とする。
  3. インターネット上に「放送番組編集基準」の記述文書を掲載し、広く視聴者が閲覧できるようにする。

その他、効果的な公表方法についても適時検討し、実施の可能性を検討していくものとする。

»番組審議会議事録